【ひかげ菜園】わさびを育てよう

ひかげ菜園

日本を代表する食べ物の一つである『わさび』ですが、涼しい環境を好むことから山間で生産されていることが多いです。この環境は、筆者のひかげ菜園に似ているではありませんか!日当たりがあまり良くない分、夏場は涼しいというメリットを生かせる植物だと思います。折角ですから、是非育ててみたいと思います。



本記事の目次

  • 苗(?)の入手
  • 苗(?)の状態
  • わさびに適した環境

苗(?)の入手

まずは、育てる苗が無いと話になりません。種から育成する事もできるようですが、初心者には難しいようです。苗を購入して育てる方が簡単なようです。インターネットで何でも買える時代ですので、調査してみました。が、どれを買ったら良いのかわかりません。。。わさびって種類あるの???
仕方がないので、実際に本わさび(種類として本わさびとは言わないみたいです)をスーパーで購入して、それを育ててみることにしました。運よく近所のスーパーで売っていましたので早速購入しました!

苗(?)の状態

当然、苗として売っていたわけではないので、茎・葉・小さな根は奇麗に切り取られていました。あまり元気が良くない感じがしますが大丈夫なのかな。。。と心配ですが、涼しい日陰で生育するような強い植物なのできっと大丈夫でしょう。小さな根が増えてくるまでは、コップに水を入れてそこで様子をみることにします。

わさびに適した環境

わさびのイメージは、涼しい山間の湧き水で育つ感じがしますよね。筆者もそう思ってました。このような環境で育ったものを『沢わさび』と呼び、太くなった根を食べます。同じわさびを畑で育てると『畑わさび』になり、葉や茎を食べるそうです。わさび自身は水が流れる環境を好むわけではなく、畑でも問題なく育つそうです。ただし、畑で育てると、根が太くならないため水が流れる環境で育てるそうです。
日当たりはあまり気にしなくて良いそうですが、温度管理が難しいようです。水栽培の場合水温を15度程度に保つ必要があるようです。これ、相当難しい気がします。。。今は寒い季節なので良いですが夏難しそうですね(^^;)

とりあえず、コップに水を入れて『沢わさび』のような環境にしていますが、根がしっかり出てきたらプランターに移したいと思います。水を常に流せるような環境ではないので、『畑わさび』として育てて葉や茎を収穫できることを目指そうと思います。



小ネタ

  • とにかく夏をどう乗り切るのかが勝負になるようです。
  • 筆者は利用しませんでしたが、フリマアプリでも苗の購入が出来るようです。
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました