【ひかげ菜園】フキが種から育つのか検証してみます 6週間

ひかげ菜園
こんにちは!
今回から当コンテンツの紹介をします”チャーリー”です。
趣味はもちろん家庭菜園だワン。
どうぞよろしくワン!

そして。。。

助手を務めます”タマ”です。
趣味は、100円ショップ巡りニャ。
色々分からないことが多いですが皆さんの役に立つように頑張るニャ。よろしくニャー
前置きが長すぎるといけないので、早速本題に移るワン
タマ、『フキが種から育つのかの検証』について経緯を簡単に説明してくれワン。
さっそく丸投げニャ。。。
前回の報告は5月20日だニャ。フキの種を蒔いてから約1カ月(4週間)が経過していたニャ。
状況としては、本葉が大きくなりだしたくらいだったニャ。
詳しくは、下のボタンから記事を確認して欲しいニャ!

 

種が採取出来てから、直ぐに発芽するのは良いがそこからの成長は遅いのかもしれないな。
日照時間も伸びて暖かくなる時期なのでこれから成長が早くなるのかもしれないワン。。。

 

まぁ、考えても仕方が無いからさっそく現在の状況を確認してみるニャ!

フキ(種子)の6週間後の状態

おお~!だいぶ成長してきたな。
本葉の大きさが大きくなったようだワン。
タマ、皆さんが分かり易いように前回の記事の状況と今回の状況について、拡大した写真を並べて表示できるワン?
それは、分かり易くて良いニャ!
チャーリーもたまには良い事言うニャ~
さっそく下に準備するニャ♪
”たまに”は余計だワン。。。

新芽部分の拡大写真


前回(1ヵ月)の写真

今回(6週間)の写真
こうやって比べると本当に違いが判り易いニャ^^
本葉の形がギザギザになってきているニャ また、本葉の枚数も増えているようだニャ
しかも、本葉の間から何か出てきているようニャ
うむ~何が出てくるのだろう???
何しろ初めての経験だからなぁ~。とにかく、今後も定期的に観察していくしかないようだワン。
ここまで育って来れば枯れる事は少ないと思うけど。。。
確かに、これから暑くなってくるのが心配ニャ。。。去年の夏も死ぬほど暑かったニャ。。。
でも、心配性になっても仕方がないニャ。
とりあえず、これまでに分かった事をまとめておくニャ。

これまでにわかったこと

フキは種の採取から短い期間で発芽可能
種の発芽率は高い(100%に近い)
フキも初めに出てくるのは双葉で、細長い形状
本葉が一枚で出てくる
成長の速度は遅い(6週間で本葉が2枚の状況)
株が小さいうちは紫色が強い

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました