【ひかげ菜園】半日陰で5~6月に種まきできる野菜 まとめ

ひかげ菜園

今年も真夏のような暑さの5月になりました。

春に撒いた野菜の一部では収穫が始まり、暑さに強い野菜の準備をする時期に入りました。

この時期は半日陰でも選べる野菜がまだまだ多くありますから、オススメの野菜を紹介します。

なお、筆者は神奈川県在住の為【温暖地】を前提にしていること・品種により撒き時が違う事をご了承ください。

hiropin
hiropin

この時期はまだ春撒きの野菜も撒けるんだけど、今回は特にこの時期に撒き始める野菜をまとめてみたよ。

バジル

小さなプランターでも十分収穫できる

撒き時:4~6月

収穫期:6~9月

イタリア料理のイメージが強いバジルです。

独特な香りで肉や魚を美味しくしてくれる素晴らしいハーブです。

ハーブ類は比較的日照が少なくても育つので半日陰にはオススメです。

少量でも十分に利用価値があるので、プランターや鉢植えでも楽しめます。

フレッシュバジルの香りは乾燥したものと比べ物にならないので、是非試してみて下さい。

▼▼▼ 送料150円で購入可能 ▼▼▼

ハーブ 種 ハーブ種子 サカタのタネ バジル 小袋 3ml

価格:300円
(2020/5/10 18:57時点)

hiropin
hiropin

自分は毎年バジルを育てているよ。

香り好きな人なら絶対に楽しめるから育ててみてね♪

パクチー

撒き時:4月~8月

収穫期:6月~11月

タイ料理などでは欠かせないパクチーです。

コリアンダーとも呼ばれており、独特の風味があります。

ハーブ類の中では日照が多く必要な感じがします(経験談)。

しかしながら、半日陰で作れない事はなさそうなので独特な香りがお好きな人はチャレンジしてみても面白いと思います。

▼▼▼ メール便なら送料90円 ▼▼▼

【種】ハーブの種 コリアンダー(パクチー、香菜、コウサイ)(S-62)【クーポン配布店舗】

価格:237円
(2020/5/10 19:00時点)

クレソン

撒き時:4~5月

収穫期:8~月

クレソンは陰性植物です。

オランダカラシとも呼ばれる多年草で、日当たりが悪い場所でもどんどん成長し、収穫も多く出来ます。

一度育てれば、どんどん増え続けるような植物ですが、種まきは5月頃に限定されるみたいです。

プランターでも容易に育成可能で、水遣りさえ忘れなければ枯れる事がないと思います。

基本的に涼しいところが好きなので、日陰の部分で育てて良いでしょう。

▼▼▼ メール便送料150円 ▼▼▼

ハーブ 種 『クレソン(ウォータークレス』 小袋(採苗本数880本) サカタのタネ

価格:220円
(2020/5/10 19:04時点)

パセリ

冬を越したパセリ

撒き時:4~6月

収穫期:7~10月

パセリもハーブの一種で半日陰で十分育成出来る植物です。

日照が多くても育ちますが、硬くなりやすいので半日陰の方が合っていると思います。

少量でも利用できるので、プランターでの育成もおすすめです。

比較的害虫も付きにくいのですが、蝶の幼虫などは好んで食べてしまいますので注意が必要です。

なお、パセリは2年草なので、冬を越す事もできます。

▼▼▼ メール便送料150円 ▼▼▼

トーホク パセリー モスカールド 種 (家庭菜園・プランター栽培・ハーブ・パセリのタネ)

価格:220円
(2020/5/10 19:06時点)

エゴマ

撒き時:5~6月

収穫期:9~10月

実際に自分は作ったことがないのですが、シソと似ている植物なので半日陰でも育つはずです。

日本ではあまり利用されているイメージが無いですが、韓国では焼き肉を巻いて食べたりするほど一般的に食べられているそうです。

葉も種も食べられるようなのでチャレンジしてみても面白そうです。

▼▼▼ メール便送料150円 ▼▼▼

トーホク えごま 種 一年草 (家庭菜園 エゴマのタネ じゅうねん たね しそ Perilla ペリラ 韓国料理)

価格:220円
(2020/5/10 19:09時点)

シソ

撒き時:4~6月

収穫期:6~9月

上で紹介したエゴマと同種の植物です。

非常に丈夫で、半日陰でも全く問題なく育ちます。

独特な風味があり、薬味で利用されることが多いので少量でも十分に利用できます

プランターでも育成が容易にできます。

路地植えすると、落ちた種が翌年発芽して無限にループ出来るのですが、上で紹介したエゴマと交配してしまうので注意が必要です。

▼▼▼ メール便送料150円 ▼▼▼

トーホク 大葉青しそ 種 生産地:栃木県(家庭菜園 紫蘇 シソのタネ たね 緑黄色野菜 青じそ)

価格:165円
(2020/5/10 19:12時点)

サトイモ

撒き時:4~5月

収穫期:10~11月

イモの中でサトイモも半陰性の植物です。

4月の終わりから5月が植え付けの時期です(6月じゃなくてごめんなさい)。

乾燥に非常に弱い性質の為、半日陰が育成に適しています。

ただし、非常に大きくなるので、プランターでの育成は適していません

hiropin
hiropin

他にも種を撒ける野菜はあるけど、3~4月に撒けるものは入れてないよ。

▼▼▼ 3~4月に撒けるものはこちらから ▼▼▼

今回は、半日陰で5~6月に種まきする野菜をまとめてみました。

この時期にも、半日陰で意外と多くの品種の作物を作れることが分かって貰えたと思います。

真夏の暑い時期には直接畑に種を撒ける野菜が少ないです

是非この時期に家庭菜園にチャレンジしてみてくださいね♪

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました