【最安値品チャレ】格安simで低速通信に切り替わった時の対応

最安値品チャレンジ

大手キャリアのスマホ利用料について、最大4割下がるとの報道がされています。筆者は実際のところ、4割下がるとはどうしても思えないのですが。。。どちらにしても、既に格安simを利用しているので直接的には関係ありませんがね(^^;)

格安simの場合、高速通信容量を使い切ると低速(大抵は200kbps)通信に切り替わる契約が殆どです。低速通信でも多くの事が出来るのですが、当然出来ない事も発生してきます。具体的には、アプリのダウンロード(更新)・動画視聴・快適なWEB視聴等が出来なくなります。

低速通信で出来る事の記事はこちら

筆者のような中年はそれほど困ることは少ないのですが、どうしても外出先で必要になる事もあるでしょう。そんな時強い味方となってくれるのが公共のWi-Fiです。不特定多数が利用できる為当然リスクを伴うのですが、上手に使う事でリスクを低減することができます。今回は、公共のWi-Fiの上手な使い方について考察していきます。

公共のwi-fiを利用するリスク

公共のwi-fiは当然の事ながら無線で通信されます。便利で非常に使い勝手が良いのですが、無線の為通信している電波は周辺にくまなく発信されています。この電波をどこで誰が傍受しているかわからないのがリスクとなります。なお、自宅のwi-fiではルーターに設定されているパスワードを入れる事で通信が暗号化されています。このパスワードを第三者が知る事が難しいのことでリスクが低減します。

具体的なリスクとしては、①通信の傍受と②端末へのアクセスの二つが考えられます。①については、暗号化されていない通信では比較的簡単に出来てしまうようです。しかしながら、WEBの視聴履歴程度であれば傍受されても問題となる事は少ないでしょう。一方、インタネットバンキング等の重要なパスワードを傍受されると大問題です。②については、攻撃者にそれなりの知識が無いと難しいです。また、金銭を取るかストーカー的な目的が殆どでしょうから、中年のオッサンにはストーカーの被害は少ないでしょう。

公共のwi-fiの種類

スマホの普及や外国人観光客の増加に伴い、公共機関などでwi-fi通信を提供する場所が増えています。様々な種類のwi-fiがありますが、チェックするポイントは2つです。

①利用するときにパスワードが必要か

②通信方式(言語)

利用する際にパスワードを入力する場合は暗号化されています。ただし、このパスワードが公開されている場合は安全性が低下します。②については、通常はあまり気にする事はありません。しかしながら、以前使われていたWEPによる通信の場合は注意が必要です。WEPによる通信ではパスワードを要求されて暗号化されますが、脆弱な暗号の為簡単に傍受されてしまうようです。最近の機器ではこの通信以外(WEP2など)を使用しているのが普通ですが、WEPの場合攻撃者が罠として仕掛けていることがあるようです。

安全性が高いwi-fiサービスを選ぶ

当然ですが、安全性の確保にはお金が掛かります。大手キャリアの場合、無料(使用料に含まれている)で提供されていますが、格安simの場合は別途使用料を払う事で同様のサービスを受ける事が出来ます。例えばラインモバイルでは月額200円(税抜)のオプション契約で提供されています。

一方、登録制で無料で利用できるのが各社コンビニが提供しているサービスです。利用できる時間に制限がありますが、短時間の使用で問題ない方は選択肢の一つになると思います。

また、東京オリンピック開催に伴い、首都圏ではwi-fi環境が整っています。東京都が提供しているwi-fiも登録制で使えます。東京近隣の方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

どうしても無料wi-fiにつなぐときは

それでも、どうしても無料のwi-fiにつなぐ場合は次の事に気を付けましょう。

SSLでの通信を利用する

インターネットのアドレスがhttpsから始まるサイトはその通信自体が暗号化されています。完全に安全が担保されるわけではないですが、比較的安心して使用できると思います。

個人情報やパスワードを送信しない

攻撃者が最も欲しがる情報です。出来るだけ送信しないようにしましょう。

短時間で終わらせる

長時間wi-fiに接続すれば、それだけリスクにさらされることになります。必要最小限の通信で終わらせましょう。

まとめ

無料の公共wi-fiは非常に便利で利用できる分攻撃者の標的になり易いリスクがあります。大半は安全に利用できるものであるとは思いますが、十分にリスクを把握した上で利用すると良いでしょう。

また、格安simでは昼間と夕方に通信速度が低下する傾向があります。この時間帯での通信をwi-fiで行うのも良いでしょう。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました