【最安品チャレ】PCメモリ増設

最安値品チャレンジ

(記事は事実を基にしていますが、取引等は自己責任でお願い致します。)

最近、パソコンをめっきり使わなくなりました。殆どの事がスマホで出来る上に、パソコンをウィンドウズ10にアップグレードした辺りからレスポンスが非常に悪くなってしまいました。なんと、電源を入れて起動するまでに2分以上かかります。

筆者のパソコンはlenovo 製G560eで、少し昔の機種です。メモリが2GBであり、かなり力不足となってしまっています。そこで、最安値のメモリを増設してみる事にしました。

メモリの選定

前述の通り、筆者のパソコンはlenovo 製G560eというノート型パソコンです。メーカーのホームページより仕様のpdfが閲覧出来ましたのでこれを参考にしました。

レノボ サイトより

『DDR3 PC-8500』ということがわかりました。購入してから何も変更していないので、2GBが1枚で空スロットが1個あるようです。パソコンの安定性を考慮して、2GBを1枚追加してみることにしました。

早速、比較サイトで確認したところ、『DIMM DDR3 PC-8500』だと最安値で1230円+送料(筆者購入時)でした。しかし、後ワンクリックで購入確定というところで「ノートパソコンにこんな長いメモリ入るの?」という疑問が浮かびました。そこで、更に調査すると、ノートパソコンにはSODIMMを使用することがわかりました。

再度、比較サイトにて調べたところ、『SODIMM DDR3 PC-12800』であれば960円+送料(筆者購入時)で購入できるようでした。ちなみに、販売店はデジタル○人さんです。最安値のこちらで購入決定~!!

4201 WT-SD1600-2GB SODIMM PC3-12800 2GB , DDR3 1600 2GB

価格:1,020円
(2019/4/3 13:30時点)
感想(9件)

発注~納品

デジタル○人さんとの取引は初めてでしたので、コンビニ決済(前払い)にて発注しました。取引確定のメールはすぐに届きましたが、コンビニ決済の連絡が来るまで約半日かかりました。

コンビニにて代金を支払いましたが、入金の連絡メールは無く翌々日に発送準備のメールが届きました。その3日後にクロネコメール便にて納品されました。

メール便なので、少し取り扱いが荒いのか若干梱包に破れがありましたが中身は無事でした。

なお、表示より台湾製であることが確認できました。

メモリ増設方法

詳しい作業方法は他のサイトで紹介されていますので、ここでは簡単に説明します。

  1. ノートパソコンのバッテリーを取り外す。
  2. 底面のネジを緩めて外す。
  3. 底面カバーを外す。
  4. メモリ増設部にメモリを装着する。
  5. カバー・ネジ・バッテリーを戻す。

以上の作業で、約15分で完了です。パソコンは静電気に弱いので、必ず作業前に体内の静電気を逃がしておきましょう!

作業自体は非常に簡単ですが、メモリの装脱着に少しコツが必要です。心配な方は、装着されているメモリを取り外す等で構造を確認すると良いでしょう。

増設した結果

電源ONからホーム画面が出るまでの時間を計測したところ次の通りです。

増設前:2分14秒

増設後:1分55秒

起動時間については若干速くなったという程度です。体感になってしまいますが、アプリケーションのレスポンスは速くなった気がします。

まとめ

7年前に購入したノートパソコンですが、メモリ増設した事でもう暫く使って行けそうです(^^;)

もちろん、処理速度を必要とするようなアプリケーションを使う方にはお勧め出来ませんが、筆者のように年賀状作るくらいにしかパソコンを使わない方は試してみる価値はありそうです。何しろ1000円位ですから!

小ネタ

  • パソコンのメモリは最安値品でも問題なく使用できました。
  • 筆者はデジタル○人さんから購入しました。
  • 納品まで急ぐ方は、買いに行った方が早いかもしれません。
  • メモリが倍になっても、処理速度が倍になるわけではないようです。
  • 筆者と同じような素人の方はメモリ規格を良く確認しましょう。
  • メモリの脱着にコツがあります。
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました