【DIY】エアコン化粧カバー(室外側)の設置方法

楽しくDIY(Do It Yourself)

化粧(配管)カバーの設置方法(やり方)

①配管に固定されている部分があれば外しておきます

配管部分が動くように、固定されている部分があれば外しておきます。

ちなみに、エアコンを設置する時にカバーを後付けすることを業者に言っておくとやり易いようにしておいてくれます。

室外機の下に枕木などを置くと作業しやすいと思います。

②配管の周辺部分を清掃しておきます

説明するまでもありませんが、作業する前に周りを綺麗に清掃しておいた方が作業の効率があがります。

また、虫などがダクト内に入ってしまうことも防ぐこともできます。

③ウォールコーナーの壁側部品をネジで取り付けます

プロの業者でもそのままビスを打つようですが、浸水が気になる方は、ビスの8割くらいが入ったところで一度ビスを外して、コーキングを付けてから再度ビスを締めこむと安心です。

hiropin
hiropin

ビスを打つには電動ドライバーが欲しいね。

ドリルにもなるから、1個持っていると便利だよ。

▼▼▼ 外壁にビスを打つならこれが便利 ▼▼▼

リョービ ドライバドリル 無段変速付 20段階クラッチ 電池パック・充電器付 MBD-70

価格:6,270円
(2020/3/10 21:42時点)

④コーナー部がある場合も、同様に取り付けていきます

エアコンの室内機と室外機の位置が遠い場合などはコーナー部があるかもしれません。

その場合には、コーナー部の部品をウォールコーナーと同じようにつけていきます。

この際にも、コーキングをする場合は壁側部品の周辺をコーキングしていきます。

⑤ダクトの壁側部品を取り付けます

ダクトの壁側の部品を、同じくビスで2~3か所止めていきます。

ダクトが入らない場合は室外機を持ち上げる等で配管が動くようにしましょう。

室外機の下に枕木等を置いておくと作業が楽です。

この場所は、あまり水が入るところではありませんが、気になる方は上で紹介したようにビスにコーキングをつけて打ち込みましょう。

⑥ダクトの外側部分を取り付けます。

ウォールコーナーの外側部分を取り付けます。

コーキングする場合は、その周辺をコーキングします。

コーナー部がある場合は、同様に作業しましょう。

⑦最後にエンド部品を取り付けて完成です

ダクトの最も下になる部分にエンドの部品を取り付けていきます。

全ての部品が取り付けられたら完成です。

お疲れ様でした!

▼▼▼ エアコン清掃の記事も参考にしてくださいね! ▼▼▼

まとめと小ネタ

  • 配管を固定していたネジを外した場合は、穴をコーキング等で処理しておきましょう。
  • ビスはステンレスがお勧めです。
  • 配管カバー工事のDIYは思ったより安くならない。

マスクのサブスク【GALLIDO SANITARY MEMBER 】

▼ 『いいね』してくれたらうれしいです!

3+

コメント

タイトルとURLをコピーしました