【DIY】ドアミラーの分解修理をしました

楽しくDIY(Do It Yourself)

(本記事は事実を元にしていますが、実施は自己責任でお願いします)

スズキ エブリィのドアミラーが左側だけ開閉しなくなりました

筆者の車の左側だけ開閉できなくなりました。

右側は問題なく動いています。

中のモーターは問題ないようで、中でカタカタと音が聞こえているのですが常に動いていてうるさいです。

さすがに運転中でも気になって仕方がないので直すことにしました。

ドアミラーの取外しと分解方法

ドアミラーの取外し

内張りを外してコネクタを外す

固定ネジを外して取り外す

コネクタを外した時に見えている固定ネジ(3個)を外すと簡単にドアミラーを外すことができます。

なお、新品や中古でも販売されているのはこの状態です。

部品交換で済ます場合はこの作業まで出来れば修理が完了できます(本体色カバーが無い場合)。

ドアミラーの分解方法

ミラー部分を取り外す

ミラー部分は引張れば外れます。

少しコツが必要ですが、ドライバーなどを利用しながら気を付けて外していきます。

ミラーが外れたら、カバー(車種色)のツメの部分をツマミながら外していきます。

1か所外しにくい部分があるので、長めのドライバーでツメを押してやると外れると思います。

固定されているネジを外して

ミラーを外すと、中に固定ネジが見えます。

更に、本体の裏側(下側)部分にも固定ネジがあるので外していきます。

また、コネクタの部分のコードも外してしてしまうと作業がやり易いです。

全て分解できると下の写真のようになると思います。

駆動部分の修理

モーター駆動部を外す

いよいよ駆動部分を開けていきます。

モーターを固定しているネジ(3か所)をはずして、カバーを外します。

中を覗くと次の写真のようになっています。

歯車を外して確認する

中に入っていた歯車を確認すると、見事に割れてしまっていました。

ドアミラーが開閉しなくなった原因はこれのようです。

これだけ交換できれば良いのですが、通常販売されていません。

歯車を修理する

仕方が無いので、今回はこれを使って直すことにしました。

某100円ショップの瞬間接着剤です。

使い切りなので、本当に便利です。

歯車の割れてしまったすき間などに注入してみました。

あまり耐久性は期待できませんが、応急処置としてなら何とかなるでしょう。

後は、元に戻せば完了です。

修理完了

ご覧のように、見事ドアミラーが閉じるようになりました。

耐久性はわかりませんが、暫くは使えると思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました