【DIY】掃除機のボタン接触不良を修理しました

楽しくDIY(Do It Yourself)

(本記事は事実を基にしていますが、実施は自己責任でお願いします)

またまた、掃除機のヘッドが故障しました。

『東芝製のトルネオ』という掃除機を使用しているのですが、最近、電源が勝手に切れる・電源が入らない・しばらくすると直るという症状が出てきました。

症状から考えてスイッチの動作不良ではないかと考えました。

仮に、スイッチ(ハンドルとホースの部分)を新品に交換する為にインターネットで購入すると結構高いです!

そこで、何とか直す事ができないか挑戦してみました。

今回の故障の症状と推定原因

初めに、故障の症状を確認しました。今回の症状は次の通りです。

  • 電源が入らない事がある
  • 掃除機が動作中に電源が切れる事がある
  • 電源が切れてから、直ぐに再度電源が入る事もあるが、暫く入らない事もある

これらの症状から、手元のスイッチの不良と推定しました。

なお後述しますが、実際には別の部分に不具合がありました。

手元スイッチの分解方法

固定されているネジを全て外す

作業自体は、非常に簡単です。

電源を切り、まずはハンドルのカバーを固定しているネジを全て外します。

上下のカバーの隙間を開きカバーを外す

ネジが全て外れていれば、簡単に外れます。

引っかかっているようなら、どこかに外し忘れがあるので確認してみましょう。

スイッチの基盤を取り外す

スイッチの部品が故障しているようなら、この部品(基盤)を交換すれば直ります。

但し、これを手に入れるのは至難の業だと思います。

小さなボタンの動作不良であればボタンを購入して交換するのが現実的なんだと思います。

なお、筆者はここまで分解してみましたが、スイッチ自体に動作不良の現象は確認できませんでした。

本体側コネクタ部の分解方法と修理

上部カバーの固定ネジを外す

上部カバーの固定ツメを押しながらカバーを外す

ツメの部分が少し硬いので、マイナスドライバー等を利用して固定を解除します。

力を入れ過ぎてしまうとツメが折れてしまう事も考えられるので注意しましょう。

接触端子の調整

これで、接触不良による動作不良が改善しました。

但し、完全に症状が無くなるわけではないみたいです。

時間があったら更に改善する策を施してみたいです。

小ネタ

  • 掃除機のホースやヘッドのみで購入しても結構高価になってしまいますよね
  • 子育て世代やペットを飼っている家庭は掃除機よく壊れますよね
  • 掃除機は予備機を持っても良いかもしれませんよ
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました