【DIY】斜面に階段を作ろう

楽しくDIY(Do It Yourself)

(本記事は事実を基にしていますが、実施は自己責任でお願いします)

筆者の家の裏側は斜面になっています

斜面が擁壁などで固まっていれば、雑草の処理を考えなくて良いのですが、残念ながら土が流れてしまうような斜面です。

当然、暖かい季節になれば雑草が元気になり、年に2~3回の草刈りが欠かせません。

この時、何度も斜面を上り下りするため中年のオジサンには骨が折れる作業になります。今の段階でキツイと今後の事を考えると頭が痛い。。。(><)

以前に、木杭と木板で階段を作っていましたが、階段部分の殆どは土で出来ており雑草が生えてしまいます。

草刈りの始めの作業が階段の通路確保になるのが非常に嫌なんです。。。

そこで、新たに斜面に階段を作りたいと思います。

今回は、斜面に階段を作る方法とそれぞれのメリット・デメリットについて考えていきます。

階段を作る方法

杭を使用する

直送/擬木丸太 φ80×900mm 6本組 プラスチック木肌樹脂丸太・リサイクル樹脂製 大研化成工業 M-8009

価格:12,300円
(2019/1/30 17:16時点)
感想(0件)

↑一例ですが、このようなものを使います。

DIYで階段を作製する場合に最も実施し易い方法になります。

費用及び工期の面でメリットがあります。工法にもよりますが、階段部分に土がむき出しになるため雑草の処理が必要になります。

なお、材質による違いを下記に示します。

杭の種類備考予想費用
(1段当たり)
木杭ホームセンターで容易に入手可能
耐久性は低い
2,000円程度
単管杭
(金属)
入手できる場所が限られる
耐久性は高いが見た目は悪い
5,000円程度
樹脂杭擬木杭が代表的
仮設用の物もあり
10,000円程度
(擬木の場合)
hiropin
hiropin

自分は、本物の木の杭で作った事があるんだけど、5年くらいでボロボロになっちゃったよ。

コンクリートを流し込む

型枠を組み、そこにコンクリートを流し込む事で階段を作る方法です。

職人はこの方法を使用する事が多いです。

大量にコンクリートを使用するので、余程の気合と技術が無いとDIYの階段作りには向きません

DIYで1段ずつ作ると工期が長くなりますが、上手に鉄筋を組む事が出来れば強度が高く見た目の綺麗な階段が出来上がります。

職人は一気に作ってしまうようですが、DIYだと一段作成するのに約1週間かかります(殆どは乾燥時間ですが)ので、段数が多いものは厳しいです。

私自身が実施したことが無いので、費用は推定になってしまいますが、1段当たり2,000円くらいになると思います。

hiropin
hiropin

知識と技術があればこの方法が一番早いし、強度も出るよ。

でも自分もこの方法では作った事がないんだよね(汗)

コンクリートブロックを積む

作製中の階段
実際に作成中の風景

コンクリートブロックと鉄筋を組み合わせて階段を作る方法です。

上記のコンクリートを流し込む方法よりも鉄筋の使用量が少なくて済みます

そのままでは見た目があまり良くないですが、強度は高い階段が作成できます。
一段作成するのに約2日かかります

よって、工期は長くかかってしまうところが難点です。

しかし、1段当たり約1,000円程度(化粧含まず)で出来るので比較的安価で作成可能です。

3+

コメント

タイトルとURLをコピーしました