【DIY】100均ショップの5連フックを利用してみました

楽しくDIY(Do It Yourself)

最近勢いが衰えてきたとは言え、まだまだファンの多いのが100円ショップです。筆者もファンの一人です。最低でも月に2回は行っていますね(^^)

DIYに役立つアイテムが数多く100円で販売されており、非常に有難いです。その中の一つに『5連フック』があり、今回購入しましたので報告していきたいと思います。

本記事の目次

  • 今回購入したもの
  • 取付けに必要な物
  • 取付け事例
  • 他に活用できそうな個所
  • 小ネタ

今回購入したのはコレ!

今や100円ショップでは無くなってしまったダイソーにて購入しました。ラベルからもわかるように、帽子やかばんを引っ掛けるのに便利なフックです。木ネジも2本付属されており親切です。ちなみに全体では次の写真の状態で販売されています。

なお、筆者は今回『5連フック』を購入しましたが、もっと短い商品も販売されていましたので使う個所により変更できるので便利だと思います。

取付けに必要な物

プラスドライバーのみ

(電動ドライバーがあれば使用すると楽ですが、無くても全く問題ありません。)

筆者が取り付けた事例

取付け前

今回は、筆者の自宅にある和室の床の間上部に取り付けます。床の間と言っても物置化しており、上部に洋服などを掛けようと考えました。

取付け後

筆者は電動ドライバーも持っていますが、手動のドライバーで取り付けました。取り付け位置が高いので少し手が疲れましたが、問題なく取り付けできました。

中央部に取り付けても良かったのですが、洋服を掛けるには両端が狭くなってしまうので左に寄せて取り付けてみました。

筆者は木に直接ネジを打ち込んだ為問題なく強度を得る事ができましたが、壁(石膏ボード)に取り付ける時は注意が必要です。石膏ボードを取り付けてある柱を狙ってネジを打ち込むようにしましょう。

どうしても石膏ボードのみに取り付けたい場合は、石膏ボードアンカーを利用すると良いです。ちなみにこれも100円ショップで販売されていますよ。

他に活用できそうな個所

  1. 壁(石膏ボード)
    最も一般的な使い方かもしれません。壁に設置すれば、小物などを引っ掛けるのに重宝すると思います。上記しましたが、石膏ボードはネジの強度が上がりませんので注意が必要です。洗面所の壁に取り付ければ、散乱しがちなヘアゴムや子供のおもちゃなどを掛けるとスッキリします。
  2. ドアの裏側
    デッドスペースの一つだと思います。ドアを開けた時に物を取り易い部分でもありますので、上手く活用できれば時短にもなると思います。
  3. 物置
    物置の上部や壁際に物を掛ける需要は結構多いです。土台に木を固定してフックを取り付ければ便利に利用できます。
  4. 外のフェンス
    本来、室内用の商品だと思いますが、室外でも利用できます(自己責任でw)。フェンスの人目に付かない場所に取り付ければ、掃除用具などを掛ける場所として利用できますよ。

小ネタ

  • 5連よりも小さい製品もありますので、使い分けできるのも利点です
  • 付属のネジが意外と長いです。場所によっては突き抜けてしまうので注意しましょう
  • 小さいドライバーを使うとネジがつぶれてしまう場合があります
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました