農業が、地球温暖化の解決につながる!?

話題
hiropin
hiropin

家庭菜園が地球温暖化防止につながるかもしれないって面白い記事を見つけたよ。

確かに、非常に参考になることだったから紹介するね。

 炭素豊かな土壌に、地球温暖化解決の方法を見つけた。それは、「4パーミル(0.4%)の炭素を土壌に」というものだ。

 知っている人なら、フランスがパリ議定書の際に提案したアイデアだとわかるだろう。今ある耕作地の土壌に、毎年0.4%の炭素を加えるだけでいい。

 それだけで、全世界では毎年大気に放出される二酸化炭素の75%を固定することができるのだ。

 しかしこの提案を多くの人は知らない。なぜなら地球温暖化の話では、ほとんど農業の話など関係ないと思われているからだ。だが地球上の大気の炭素分の約半分は土壌から放出されたものなのだ。

 人間が大地を壊し、土地に蓄えられていた炭素を大気中に放出させてしまったのだ。地球温暖化と言えば「化石燃料の燃焼」の問題だと覚えてきたが、実はそれ以前からの大地のかく乱の影響のほうが大きかったのだ。

上は記事の導入部分です。実際には長い記事ですが、是非読んでみてもらいたいと思います。

ここでは、簡単に内容(要点)をまとめてみました。

  • 植物は自分が必要とする炭素分だけでなく、菌根圏にいる微生物たちのための分も炭素を固定している
  • 人間が放出しているCO2の45%を減らせばいい
  • CO2の温室効果は抜群
  • 家庭のCO2排出量は14.6%しか占めず、これをもしまったく出さないゼロの暮らしにしたとしても、地球温暖化は止められない
  • 産業はカネのことばかり考えていて、人間の生存のための努力を考えてくれるとは思えない
  • 炭を土壌に混ぜ合わせるだけで、地球温暖化も防げる

自分は本当に共感できる内容で、色々と納得でき勉強になりました。

また、炭は自然に分解されにくい物質なのであまり土壌に混ぜないようにしていましたが、それが間違いだったとわかりました(バーベキューの知識)。

記事によると、炭を土壌に上手に混ぜ込むことで、土壌が豊かになり連作障害も起こりにくくなるようです。

実際に土壌改質剤として木炭が販売されていることからも、効果はあるんだと思います。

なお、販売されているメーカーではこのように説明されていました。

炭は無機成分やカルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分などがバランスよく含まれており、土壌改良用として最適です。

また炭の持つ多孔質構造が、有益な微生物の増殖を促す場となります。特に炭など広葉樹系の精錬炭素の特長はアルカリ性 です。この炭で土壌の【痩せ】過剰な酸化を抑止、また炭の持つ土壌PHの均衡化作用が、観葉植物や農作物の活性化を促す触媒として作用します。

さらに炭は微細な多孔質構造であるため、吸着性・促水性・促肥性・透水性・通気性など、炭にはさまざまな作用があります。

https://naratanka.com/%E8%BE%B2%E6%A5%AD%E7%94%A8/

これだけ見ればメリットしか無いようにも見えますから、自分も早速やってみようと思います!

hiropin
hiropin

木炭は土壌に20%くらい入れても大丈夫みたいだよ。

実は、新たに野菜を栽培する場所を作ったから、炭と灰を少し入れて土壌改質してみるよ!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました