【DIY】100均の焼杉杭(木杭)を使用してみました

エクステリア

▼ 31日間無料で見られるよ! ▼

庭の階段などに使える木杭ですが、小さなもので良ければ100円ショップで手に入るんですよ!

早速使ってみましたので、紹介しますね~

この記事を読んでわかること
  • 100円ショップの焼杉杭の特徴
  • 実際に使ってみた感想
  • 木杭を打ち込む道具について
hiropin
hiropin

100円で木杭が手に入ると、簡単な階段など外で作れるものが増えるよね。

この記事を読んで、色々なアイデアが浮かぶと嬉しいね。

100円ショップの焼杉杭はどこで売っているの?

筆者が購入した100円ショップは『セリア』という100円ショップです

全国的に有名なのはダイソーだと思いますが、筆者の知る限りではダイソーでは販売していません。

写真がぼやけてしまっていますが、サイズは長さ60cmの木杭ですね。

半分くらいは地面に打ち込みたいですから、最大30cmくらいの杭として使えますね。

▼ 100均行ったらこれも買ってみてね ▼

100円ショップの焼杉杭の特徴は?

このサイズの木杭が100円で購入できるのは破格ですから、4本購入してみました。

よ~く見るとわかるのですが、結構曲がっている杭もあります

ホームセンターで販売されている木杭も曲がっているのもありますので、100円だから粗悪ってわけではないと思います。

ただし、木杭としては細いタイプなので曲がり易いのかもしれませんね。

なお、杭の直径は実測で約3cmでしたよ。

ちなみに小さい杭とはいえ100円で購入できるのは凄いですよね。

▼ 太さは違いますがネット価格を参考にしてみてね ▼

100均ショップの木杭特徴まとめ
  • 太さは細いけど100円(税込110円)なら納得
  • 曲がっているものが多い
  • 小さい分軽いのでDIYにはちょうどいい

実際に使ってみた感想

筆者は購入した4本を全て斜面の花壇(家庭菜園用)の土留め用に使いました。

4本全て使ってみましたが、1本も折れることなく打ち込めました。

普通、木杭を打ち込むにはカケヤという道具を使います

筆者は両手のカケヤ(下のようなもの)を使ってますが、片手カケヤでも打ち込めそうですよ。

なお、曲がっていた木杭も問題なく使えましたので、曲がりはあまり気にしなくても大丈夫みたいですよ。

hiropin
hiropin

後は耐久性だね。

ホームセンターで購入した焼杉杭も5年で腐っちゃったから、同じだけ使えれば最高だね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました