【DIY】自分で出来る自動車エンジンオイル交換方法

カーライフ

▼ 31日間無料で見られるよ! ▼

(本記事は事実を基にしていますが、実施は自己責任でお願いします)

車のメンテナンスの基本とも言えるエンジンオイル交換。

もちろんDIYでも出来ます

▼ この方もDIYしているみたいですね ▼

ちなみに交換時期ですが、軽のターボ車だと、5,000kmまたは6か月と言われています。

私の感覚ですが、余程の事が無い限りこの倍は大丈夫だと思います

とはいえ、使用状況にもよるので自己責任で。。。(^_^;)

hiropin
hiropin

今日は、天気が良かったので久しぶりにやってみましたよ~

オイル交換情報(軽自動車の場合)
  • 費用   約2000円
  • 所要時間 約1時間
  • 工具   スパナ・じょうご・ジャッキ・バケツ

エンジンオイル交換は2種類方法がある

下抜き法上抜き法
説明エンジンの下部にあるドレンコックからオイルを排出して交換する方法。エンジン上部にあるオイル注入口からポンプのホースを入れて吸引する方法。
メリットポンプが不要
古いオイルの残りが少ない
フィルターも同時に交換できる
ジャッキアップが不要
汚れにくい
デメリットジャッキアップが必要別途ポンプが必要
古いオイルが残る可能性有
hiropin
hiropin

自分は下抜き法でやってるよ。

上抜きの方が簡単に出来るんだけど、下のようなポンプが必要になるよ。

▼ 上抜き方法で行うにはポンプが必要ですよ ▼

電動式オイルチェンジャー ガソリンエンジン 12Vバッテリー仕様 専用電動オイルポンプ B149

価格:1,529円
(2020/3/2 09:13時点)

エンジンオイル交換手順(下抜き)

エンジンオイルと廃棄用パックを購入

エンジンオイルの写真

まずは使用するエンジンオイルと廃棄用のパックを準備しましょう。

エンジンオイルは『5W-30』などの粘度表記がありますので、わからない場合は自動車の説明書にかいてある番号のものを選びましょう。

実際のところ、少し違ってもエンジンが動かない事はありませんがメーカー指定の粘度のものを使っておけば安心ですよ。

▼ 廃棄用のパックはこのようなものです ▼

AP オイル処理ボックス 2.5L用 | 工具 DIY アストロプロダクツ | オイル 処理 オイル交換 廃棄 廃油処理箱 廃油処理 廃油 オイル処理 カー用品 車用品 カーグッズ バイク バイク用品 オートバイ ボックス 箱 アストロ プロダクツ

価格:220円
(2020/3/2 09:17時点)

ドレン(排出)側をジャッキで上げる

自動車をジャッキアップしている写真

ジャッキを使って車体を上げます。

なお、車高が高い場合は不要かもしれません(最近は筆者はセダンでも車体をあげずに作業してます)。

非常用の車載ジャッキ(写真と同様)を使う場合には、特に安全の確保をしておきましょう。

出来れば持ち上がったタイヤと地面の間に枕木などを置いておくと安全です

▼ あった方がラクですがDIYだと出番は少ないかも ▼

ドレン下部にバケツ(廃油受け)を置く

オイル排出口の下に廃油受けを置いている写真

廃棄用のパックを購入した場合は、パックを直接置いても良いです。

しかし、オイルが飛散してパックが汚れてしまうと処分が面倒になってしまいます

一度、バケツやボウルなどで受けた方が安全に作業できますね。

自分は(料理用?)ボウルを使用していますが、結構便利に使えてますよ~

ドレンボルトをスパナで緩めて外す

エンジンオイルを排出している写真

エンジンが十分に冷えていて火傷しない事を確認してから作業します

ドレンボルトを緩め、ボルトを落とさないように注意して外しましょう

ボルトにはワッシャーのようなガスケットが付いています。

ボルトとガスケット基本的には消耗品で、本来毎回交換するものみたいです。

ただし、数回はそのまま使えると思います(筆者の経験より)

オイルが全て排出するまで、待ちましょう。

オイルが全て排出されたら、ボルトを再度取り付けます。

(※エンジンオイルフィルターを交換する場合はここで作業します)

新しいエンジンオイルを注入する

エンジンオイルを入れる部分の写真

エンジン上部のオイル注入口を開けて新しいエンジンオイルを入れていきます。

じょうごを利用すると便利です。

100円ショップで販売されている料理用のものでも十分に利用できますが、細くなった部分(足)が少し長い方が作業が楽ですよ。

車種によっては凄くオイルが入れにくいのでじょうごのサイズや足の長さで調整しましょう。

▼ じょうごはこのような商品です ▼

オイル規定量付近になったら、オイルレベルゲージにて量を確認する

オイルレベルゲージの写真

オイルが規定量付近になったら、レベルゲージでオイル量を確認しましょう。

少ないようなら、少しずつオイルを入れて確認し、規定量になったらオイルの注入を終了します。

規定量よりも多い場合には、再度ドレンコックを開けてオイルを抜かなければなりません。

面倒なので、オイルを入れ過ぎないようにしましょう

終わったら、エンジン上部のオイル注入口を閉めておきましょう。

ジャッキを下げて車体を元に戻し試運転すれば完了

ジャッキを下げて、外します。

最後にエンジンを始動し、オイル漏れが無いか確認して作業完了ですよ~

エンジンオイル交換のまとめと小ネタ

  • 慣れればドレンから直接廃棄用パックに排出した方が楽ですが、失敗した時に悲惨な目に遭うかも
  • 良い段差がある場合、ジャッキアップしなくても作業できる
  • ドレンボルトに付いているパッキンを落とさないように注意しよう!
  • フィルターを交換する場合は、オイル排出後に作業しよう
  • 排出されたオイルは黒くて正常です
  • エンジンが熱い時の作業はやめましょう
  • 余ったオイルはしっかり栓をしておけば次回使えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました