アイドリングストップ車用バッテリーM-42を60B19Lに交換してみた結果

節約と時短テク

(本記事は事実を基にしていますが、実施は自己責任でお願いします)

この記事を読んでわかること
  • バッテリー規格から選定のやり方
  • 交換作業で気をつけること
  • 60B19Lに交換した時の価格メリット
  • 実際に交換して大丈夫なのか

サイズは大丈夫なの?交換作業について

バッテリー規格から交換できそうなタイプを選定

自動車のバッテリーは日本工業規格(JIS)にて規定されています。

筆者の保有する軽自動車はアイドリングストップ機構がついており、アイドリングストップ車用バッテリーの規格で「M-42」となっています。

Mの部分が外寸を表しています。

一方で、標準車用バッテリーは「60B19L」などと表記され、B19の部分が外寸を表しています。

アイドリングストップ車用バッテリーの「M」のサイズは標準車用だと「B20」相当となります。

数字の部分は奥行きの長さ(cm)を表しているので、B20よりB19は奥行きが1cm短いだけです。

hiropin
hiropin

60B19Lの他に55B19Lも選択肢の一つだよ。

でも、あまり売ってないんだよね~

60B19Lを選択した理由について

M-42を単純に標準車用バッテリー規格に置き換えると「60B20L」になります。

規格の表現の問題なので、この2製品は同一のアイドリングストップ車用バッテリーとして販売されています。

一方で、「60B19L」は標準車用バッテリーとして販売されていますが、充電制御対応のためアイドリングストップ車でも充電可能と考えたからです。

そして、何よりも価格が安いんですよ!

交換は乗せ換えるだけで全く作業に問題ない

バッテリーは規格が決まっているので、普通に流通しているタイプのものであればほぼ問題なく取り付けができます。

感電に気をつけて作業してください。

今回選定した「60B19L」は正規品に比べて奥行きが1cm短いものですが、全く問題なく取り付けることができました。

配線の長さがギリギリになるように調整されていましたが、1cmくらいなら余裕で装着できましたよ!

実際の価格メリットについて

上でも紹介しましたが、新品で購入しても20%くらいのコストメリットがあります。

でも、それではあまりにもメリットが少ないですよね💦

そこで、筆者が選択したのが、再生バッテリーを購入することです。

▼ 再生バッテリーはこちら ▼

これなら、なんと半額程度で交換出来ちゃいます!

しかも、交換した不要バッテリーを無料で引き取ってくれますよ。

問題なくエンジンはかかる!アイドリングストップも

異なる規格のバッテリーを使って、問題なく自動車が使えるのか気になるところですよね?

まずは、「エンジンがかかるのか?」ですが、全く問題なくエンジンがかかります!

電圧は同じなので、自動車に詳しい人には当たり前なのかもしれませんね。

次に、「アイドリングストップが使えるのか?」ですが、こちらも問題なく使えます。

しかしながら、このアイドリングストップがバッテリーの負担を増やしているようなので、今後あまり使用しないようにしていこうと思っています。

寿命は短くなるらしいけど、まだまだこれから評価

アイドリングストップ車用のバッテリーを使わないと寿命が短くなると言われています。

確かに、バッテリーへの負荷が大きいので、標準車用バッテリーを使うと寿命は短くなるんでしょうね。

でも、それはアイドリングストップを多用する場合の話です。

意図的にアイドリングストップが作動しないようにして寿命がどうなるのか試していこうと思います。

その状況は随時更新していきますね!

ちなみに、現時点で2週間使っていますが、全く問題ないですよ~(当たり前か💦)

hiropin
hiropin

実際に使うまでは不安だったけど、全く問題ないよ。

でも、アイドリングストップを多用する人は素直にM-42を使ってね。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました