【DIY】タイヤローテーションのやり方

楽しくDIY(Do It Yourself)

(本記事は事実を元にしていますが、実施は自己責任でお願いします。)

筆者が乗っている軽自動車の前輪の溝が減ってきてしまいました。。。
とはいえ、後輪の溝は『新品?』と思えるほど残っているのでローテーションすることにしました。
人によっては、ローテーションなんてムダだと言う方もいますが、四輪の交換時期を同じにするとお得になることがあります。

それは。。。

ズバリ、タイヤが4本セットで買えることです!! 

自動車用タイヤの場合、4本で購入すると割引になる場合が多いのですよね!どうせ買うなら、お得な方が良いですもんね(^_^;)

では、早速やってみましょう~

hiropin
hiropin

パンクしてしまった時の対応の練習にもなるから、是非やってみてね~

タイヤローテーションに必要な工具など

  • ジャッキ 2台(出来れば非常用でないもの
  • 十字レンチ 又は スパナ(ユニバーサル)
  • 手袋(軍手)

タイヤローテーションで注意する事

通常は斜め(クロス)にタイヤ交換する

タイヤの摩耗は4本で同様ではありません。普通は前後、左右、内外で異なります。欲を言えば、ホイールからタイヤを外して組み替えたいですが、通常はそんなことしません。次のように斜めに交換するのが一般的です。

右前輪 ⇔ 左後輪 、 左前輪 ⇔ 右後輪

タイヤには回転方向等が決まっている物がある

特にスポーツタイヤに多いのですが、タイヤの回転方向や内側/外側が決まっている物があります。安全性の確保の為、これは絶対に守りましょう。回転方向が決まっている場合は、

右前輪 ⇔ 右後輪 、 左前輪 ⇔ 左後輪

のローテーションになります。

ローテーション出来ない場合もある

ごく稀ですが、前後で異なるサイズのタイヤを装着している場合があります。この場合は、ローテーションは諦めましょう。

hiropin
hiropin

高級車で前後のタイヤのサイズが違うものがあるよ。そういう場合は、ローテーションは諦めてね。

タイヤローテーションの作業手順

安全のため、サイドブレーキをしっかり掛けます。

スパナで前後輪のホイールナットを緩めます(ナットは少し緩む程度にしておきます)

車にジャッキをかけ、車を持ち上げます。前後輪共に上げるので気を付けましょう。

車体が上がったらホイールナットを全て緩めて外します。併せて、タイヤも外します。

後は逆の手順で前後輪を入れ換えて取り付ければ終わりです。タイヤを地面に下ろしてからしっかりナットを締めます。

どうしてもジャッキが1台しか無い場合は、馬掛けするかスペアタイヤを使用すればローテーションできます。

慣れれば、30分程度でタイヤ4本の交換が出来ますので是非自分でやってみて下さいね。

なお、安全には充分に注意して作業をお願い致しますね。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました