【DIY】草刈り機のプライマポンプはメーカー違いでも使えるのか

楽しくDIY(Do It Yourself)

草刈り機のプライマポンプってこんな部品

草刈り機のエアクリーナーボックスを外したところです(つけたままだと殆ど見えません)。

矢印の先にある透明の部品がポンプなのですが、非常に奥まった場所にあるので見難いです。

キャブレターという部品の下側に配置されているので、キャブレターを外した写真を下に示します。

使い古しなので黒ずんでいますが、矢印の場所の半円状の部品が『ポンプ』です。

これを分解していくと次の写真のように分解できます。

分解自体は簡単にできました。

プライマポンプは多分シリコンゴムで出来た半球状の部品です(上の写真では左の部品)。

丸山のポンプを探しましたが。。。

今回、プライマポンプが調子悪い草刈り機は丸山製作所製のものです。

純正のプライマポンプは販売されているようなのですが、筆者の家の近くのホームセンターでは販売されていませんでした。

農協とかでないと手に入らないのかも。。。

しかたがないので、違うメーカーの部品を購入してみました。

こんなに小さい部品なのですが、約500円もします。

純正だと約1,500円くらいするらしいので安いと言えば安いのですが。。。(^^;)

なお、微妙にサイズが違うようですが実際に合わせて見るとこんな感じです。

ご覧のように殆ど同じサイズです。

ガソリンが漏れてしまう部分なので微妙なサイズ違いでも使えないかもしれませんが、どうでしょうか?

なお、色がだいぶ違いますが混合ガソリンのオイルの影響だと思います。

上でも書きましたが、ガソリンを使う部分なので多分シリコンゴムなんじゃないでしょうか。

あまり材質は選べないと思うので同じでしょう。

ご覧のとおり、見た目はぴったりとはまりました。

少しサイズが大きい部分がありましたが全く問題なく装着出来ました。

少なくとも、見た目で微妙に違うくらい(外形で0.5mm程度)なら装着には問題ないみたいです。

キャブレターに装着しても問題ないように見えます。

ちなみに、この後使いましたが、ガソリン漏れも無く普通にエンジンをかける事が出来ました。

まとめ

  • 草刈り機のプライマリーポンプは簡単に交換できる
  • 違うメーカーでも近いサイズであれば使用可能
  • 用途が同じなので多分材質も同じ(シリコンか?)
  • 耐久性がどれくらい違うかは検証できていません
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました