【DIY】自転車のパンクを修理する前に確認したいこと

楽しくDIY(Do It Yourself)

(本記事は事実を基にしていますが、実施は自己責任でお願いします)

日常の足として非常に便利な自転車ですが、自然とタイヤの空気が抜けてしまっているような事がありませんか?通常は、再度空気入れを使用してタイヤに空気を補充すれば元に戻りますが、しばらくするとまた空気が抜けている。。。『パンクかな?』と考える事がたまにありますよね。

筆者は、山間の田舎に住んでいますのであまり生活の足として利用する事はないのですが、子供達は自転車で近所を走る事が結構あります。子供の自転車って上の子のお古だったりして、意外と劣化しているんですよね。このような自転車は良くタイヤの空気が抜けてしまう事があります。

タイヤがつぶれていると直ぐにパンクを疑うのですが、パンクを修理するのは少し面倒です。自転車修理を依頼すると結構費用も掛かってしまいます。まずは、自分で状況を確認して簡単に修理できる部分は自分で直しましょう。

タイヤの状況

ご覧のように、タイヤが完全に潰れています。普通、ここまで潰れていることはないと思うのですが、空気が抜けているのを確認してから結構放置してしまったので。。。(><)

まずは、もう一回空気を入れてみる

タイヤの破損状態等を確認するため、このまま空気を入れてみます。

  • 空気が全く入らない
  • 空気が抜ける音がする
  • 外観に傷がある

これらの症状がある場合は、パンクの可能性が高いです。自分で直せれば良いですが、面倒な場合は自転車屋さんで修理するなどの対応が必要です。

空気が入り、内圧が維持できるようであればパンクではない可能性が高いです。

虫ゴムを交換する

留め具を外す

タイヤの内圧が維持できる場合には、虫ゴムという部分が劣化している可能性が高いです。写真の部分がネジになっていますので手で回して外しましょう

中の部品(コア)を外す

留め具が外れると、中に入っている部品(コア)が手で簡単に引き抜けます。コアを引き抜くと一気にタイヤ内の空気が抜けるので注意しましょう。

虫ゴムを新品に取り換える

古い虫ゴムを外して新品に交換します。応急処置の場合は、潰れた部分を切り取るか、反対側からつけ直すと暫く使えます(早いタイミングで新品に交換してね)。

虫ゴムを少し水に濡らすと作業し易いです。

コアを元に戻し、空気を入れる

虫ゴムを新品に交換したコアを元に戻し、留め具を手で絞めて固定します。後はタイヤに空気を入れてみて、圧が維持されればOKです。これでも、しばらくして空気が抜けるようならやはりパンクを疑いましょう。

小ネタ

  • 筆者は100円ショップで虫ゴムを購入していますが、やはり寿命は短い感じがします
  • コアの金具も交換を推奨されますが、結構再利用できます
  • パンクしたまま走るとホイールが破損する可能性が高いです
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました