【DIY】車のトランクが開かないのを修理しました

楽しくDIY(Do It Yourself)

(本記事は事実を基にしていますが、実施は自己責任でお願いします)

今回直したのは日産ティーダ

今回、トラブルが発生したのは、日産製ティーダです。

後部のトランクドアが開かなくなってしまいました。

ハッチバック式のため、後部座席からトランクへアクセスできるのですが、やっぱりドアが開かないのは不便ですよね。

上の写真は、トランク側から問題の後部ドアを撮った写真です。

ドアの下側のすき間にドアのロック部分が少し見えているのがわかります。

ちなみに、この車の後部ドアは電動で作動しています。

現象を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 後部ドアのロックが解除されない
  • ロック解除のボタンを押すとモーターの作動音はする
  • 機械式にロックを解除できる機構になっていない

ボタンを押すとモーターの作動音がするので、電動部の何かが壊れたんだろうなと推測出来ました。

自動車後部ドア金具の修理(交換)手順

まずは、後部ドアを開けよう

写真は、ロックの金具部分です。

赤い矢印の先に白い部品が見えますが、これを動かすとロックが解除できます。

小さいマイナスドライバーなどで動かすとロックが解除され、ドアが開くと思います。

後部ドアの内張を外す

ドアの内張を外した状態です。

内張は手を入れて引張れば外れますが、無理に力を入れると壊れてしまうかもしれません。

注意して作業してください。

なお、真ん中の銀のシールを剥がすと、ロック部分にアクセスできます。

ロック部分のユニットを外す

ロック部分のユニットを固定しているネジを外します。

写真の赤矢印の部分のネジを外すと固定は解除されて外す事が出来ました。

電源のコネクターを外せば完全に分離できます。

故障の原因を確認

外した部品は、修理して使えれば使いたいですよね。

今回の場合は、内部で部品が壊れてしまっているようでした。

壊れた部品もどこかに紛失してしまったので、修理出来ませんでした。

なお、写真の赤丸部分は壊れた部品の破片だと思われます。

今回は修理を断念し、新品の部品をディーラーで購入する事にしました。

最後に新品ユニットと交換する

新品と交換する前に、故障品と比べてみました。よくよく見ると、ちょっとずつ形が違う感じがしました。

作っている場所が違うのかもれませんね。

この後、部品を交換して作業完了です。

もちろん、後部ドアの開閉は問題なく出来るようになりましたよ。

まとめ

今回は、自動車の後部ドアのロック機構部の修理(交換)をしてみました。

電動で開閉するタイプの為、どちらかというと高級車に多いと思います。

一般的な機構だと、機械式でロックの解除がされるものが多いので、構造は違うのかもしれません。

機会があれば調査してみたいと思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました