【DIY】超簡単に騒音対策!部屋で縄跳びも可能

インテリア

▼ 31日間無料で見られるよ! ▼

集合住宅では、近隣の住宅への騒音を気にしたりすることがありますよね。

戸建て住宅では「気にする事無くていいな」と思っていませんか?

戸建て住宅でも騒音が気になる事は結構多いんですよ。

特に、二世帯住宅なんかは気になる事多そうですよね

我が家も2階建ての戸建て住宅なのですが、2階の子供部屋でなわとびする子が居るんです。。。

結構うるさいのですが、なわとびを止めさせるわけにもいかないので防音対策する事にしましたよ!

使ったのはホームカーペットの静床ライト

静床ライトの段ボールの写真

今回使ったのは、ホームカーペットの「静床ライト」です。

なぜがカーペットなのに、平べったい段ボールに入ってきましたね。

箱を開けてみるとこんな感じでカーペットが入っていましたよ。

段ボールに入っている静床ライトの写真

整然と入っていて、取り出し易いのでDIY初心者でも使いやすそうですよ!

では、早速使ってみますね~

静床ライトの防音性能を試してみました

まずはどれくらいの静音効果があるのか試してみました。

上の動画のように、音が全くなくなるような効果ではありませんが、音の質が変わりますね

フローリングのままだと刺すような音がしますが、静床ライトをしくと刺さる感じが減っています。

そして、ボールの跳ねる感じはどちらも変わらないのも不思議ですね~

設置は置くだけカンタン!箱が重いのが唯一の難点

段ボールは超重たいので注意

段ボールには静床ライト50cm×50cmが10枚ビッシリと入ってきます。

段ボールに入っている静床ライトの写真

1枚当たりの重量が約1.5kgなので、10枚で15kgもあるんですよ。。。

自分は二階で使うためにそのまま運んだのですがなかなか大変で腰痛くなっちゃいましたよ💦

可能なら、箱から空けて数枚ずつ運んだ方がラクですよ~

置くだけでもそう簡単に動かない

静床ライトはただ置いてあるだけでもずれにくく出来ています

上の動画は自分が足で蹴って動かそうとしているのですが、全くずれていませんよね。

もちろん、静床ライトの端の方をつついてしまえば動くのですが、中央部分を蹴ってもなかなかずれないのです。

更に、周りの見切り用の部品(別売)を付ければ全く動くことは無くなりそうですね

置くだけで部屋の雰囲気がこんなに変わる

静床ライトの施工前後の写真

我が家の床は濃い茶色なので、明るいカーペットに変えると雰囲気が相当変わりますね

とにかく置くだけで施工ができちゃうので、超簡単です。

床にピッタリとサイズを合わせたい場合にはカッターを使ってカットする必要がありますが、それでもDIY初心者が十分に作業できるのは良いですよね~

静床ライトはこんな製品(メーカー情報)

静床ライトの特徴について

静床ライトの最大の特徴は手軽に施工できる床の防音対策ということですよね。

この防音性能は、業界最高レベルなんです。

静床ライトの床衝撃音レベルの試験結果のグラフ

グラフを見てわかるように、LL-40と呼ばれる基準を満たす静音性能が試験結果で示されています

ちなみにLL-40はひとの走り回りの音がかすかに聞こえる程度の静音性能を示しているそうです。

そして、その静音性能が簡単な施工で出来てしまうんです。

静床ライトの施工方法についての説明

基本は置くだけで施工完了できます

正方形の形状なので、こんな感じに施工することだって簡単にできちゃいます。

⇩ ⇩ ⇩

静床プレミアを使った市松貼りの写真

これって、鬼滅の刃で有名になった(?)模様ですよ~

色が静音プレミアしかないのでちょっと割高になってしまいますが、子供部屋にすると大喜びかもしれませんね。

詳細はコチラ

他にも使っている人を見つけたよ!

インスタグラムで、静床ライトを使っている人を見つけました。

⇩ ⇩ ⇩

多分、自分が使ったものと同じ色じゃないかな~と思います。

凄く上手に施工されていますね。

まとめ なわとびができるようになった?

そして、家の中でなわとびしてしまう娘に静床ライトの上でなわとびしてもらいました。

娘が静床ライトの上でなわとびをしている写真
ピント合いません。。。

実際になわとびしてもらいましたが、確かに下の階に響く騒音は軽減されていますね

そして、なわとびしても足が痛くないみたいで楽しいそうです。

なわとびの回数が増えるかも。。。💦

そして、まだ見切り材を取り付けていないのですが、静床ライトはずれずにいてくれました!

本当に置くだけで簡単なので、騒音が気になる方は試してみて下さいね~

静床ライトはコチラ

(※本記事はPRの内容を含んでいます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました