【最安値品チャレ】Economist ATR-Kを装着してみました

最安値品チャレンジ

(本記事は事実を基にしていますが、実施は自己責任でお願いします)

筆者は軽自動車に乗っています。

軽自動車は、タイヤの幅が狭い為かタイヤの減りが速く交換頻度が高い気がします。

以前はオートバックスやイエローハット等の販売店で交換していましたが、工賃を含めると4本で2万円以上かかってしまいます。

もちろん、これでも普通車に比べれば安いんだと思いますが。。。

最近は、自分でタイヤの手組み交換が出来るようになったことで、外国製の安価タイヤをインターネットで購入することにしています。

タイヤは安全に関わる重要な部品の一つなので、最安値品を使用する事には抵抗があったのですが、今回ついに(筆者購入時の)最安値品Economist ATR-K(インドネシア製)を購入してみたので紹介したいと思います。

Economist ATR-Kとは

福岡県を所在地とする”AUTOWAY”で取り扱っているタイヤです。

このEconomistは同社のプライベートブランドと位置づけられており、他社では購入できません

ATRという名前とインドネシア製であることから、ATR RADIAL社製ではないかと推測されます(筆者の勝手な推測です)。

”AUTOWAY”のホームページの情報によるとEconomistの名から連想されるように『優れた燃費性能と経済性を発揮』するそうです。

AutoWayのホームページはこちら

購入から納品までオートウェイの対応について

筆者は楽天経由で購入しました。理由はポイント10倍だったから。。。

なお、お急ぎの方は”AUTOWAY”のホームページからも購入できます。

筆者は155/65/R14を購入しましたが、何と2520円/本(税込、送料込)で購入出来ました

なお、納品までの流れは次の通りでした。

金曜日:インターネットにて購入申し込み→確認メール受信
土曜日:コンビニにて支払い→確認メール受信→発送日案内メール
月曜日:発送メール受信
火曜日:納品

土日を挟んだにもかかわらず、入金から3日で納品されるのは速いと思います。

福岡の会社ですが、全国に4拠点あるので納期が短縮できるのだと思います。

自分で取付け(手組み)した感想

筆者は自分自身で手組みしましたが、別途業者にて組付けする方は読み飛ばしてください。

なお、手組みの方法は別記事で紹介していますので、そちらをご覧ください。

タイヤの手組み方法はこちら

新品の時は、どのタイヤも硬く感じるのですが、それを考慮しても日本メーカー品に比べて、トレッドが硬い気がします

ホイールに組込む際に硬いので少し苦戦しました。

筆者は一人で作業したからかもしれませんが、長めのタイヤバーを用意しておくなどで対応すると良いと思います。

ATR-Kを装着した初期の感想・評価について

トレッドが硬いので、乗り心地が心配でしたが全く問題はありませんでした。

新品の時はどのタイヤも良い状態なのですが、少なくとも酷いタイヤではないと言えます。

購入したタイヤは155/65/R14 75Hというタイヤでした。

75Hは高速対応している事を示しているのですが、筆者はあまり高速道路を走らないので評価できていません。

想像ですが、トレッドが硬めなので高速で安定しそうな気がします。

グリップ性能については、通常の使用では問題ない程度だと思います。

試しに無理やり急ブレーキをかけてみたところ、若干以前のタイヤよりも滑る気がしました。

ただし、何度もできませんので数回やっただけの感想です。

燃費については、元々履いていたタイヤが省燃費タイヤであったので、5%程度燃費が悪くなったようです。

ただし、寒くなる時期に交換しているので季節の影響があるかもしれません。

継続してデータを取って行きたいと思います。

耐久性についても、交換したばかりなので評価できていません。

今後追記していきたいと思います。(2018年8月追記:半年以上経ちましたが耐久性に問題は感じていません

全体としては、この価格で得られる性能としては非常に満足しています。

次回も買いたいかと聞かれたら、『買う』と答えますね。

小ネタ

  • プライベートブランドで安いのは安心感があります。
  • 手組みが心配な方は、パーツ持ち込み可能な業者を利用しましょう。
  • 直ぐに組付けない場合は、梱包を解いておきましょう。
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました